薬を持っている女性
  • ホーム
  • レビトラと他の精力剤の価格の違い

レビトラと他の精力剤の価格の違い

OKサインを出す男性

レビトラと他の精力剤の価格の違いは、そのレビトラが先発医薬品なのかジェネリック医薬品なのかでまず分かれます。
基本的に、レビトラに限らず医薬品として提供されているED治療薬には保険を適用されることが出来ませんので、それ相応の費用を支払わなくてはいけません。
多く処方してもらう時には2000円以上の費用が必要になりますし、継続的に利用するのならばそれ以上の費用が必要になります。
反対に、同じレビトラであってもジェネリック医薬品という分類ならば半値以下の1000円未満で購入することも出来ますので、一概にはいうことが出来ないということをしっかりと認識しておくことが重要でしょう。
少なくとも、医薬品として分類されているED治療薬ならば保険の適用がありませんので似たような費用が必要になります。
また、ED治療薬と単純な精力剤の価格の比較では医薬品として分類されるのか、それとも医薬部外品として分類されるのかと違いもあります。
一般的に、医薬品というのはそのままの意味で医学的な見識からその効果がきちんと存在すると証明されているもののことを意味しますが、医薬部外品というのはきちんとした医学的な効果が認められているものではないもののことを意味します。
カテゴリー分けをすると精力剤は健康補助食品的な立場になりますので、医薬品と比較すると価格は安くなる傾向にあります。
一般的に、精力剤のように大量生産が認められている製品に関しては市場に多くの製品が出回りますので必ず価格が安くなります。
一方で、日本国内ではジェネリック医薬品に指定されていないレビトラのような薬は数が限られますので必ず価格が割高になるということを知っておきましょう。