薬を持っている女性
News
青と黄色のカプセル

EDに悩まされている人にとって強い味方であるED治療薬レビトラ
そのレビトラに含まれている、EDに効果のある成分がバルデナフィルです。
このバルデナフィルがどのようにしてEDに対して効果があるのか、その作用について理解するためには、まずは勃起がどのような作用で起こるのかを理解しておく事が大切です。
勃起の仕組みについて説明をすると、性的な刺激を受けると神経伝達物質である一酸化窒素が働いてcGMP(環状グアノシンーリン酸)という物質が生成されます。
この物質は血管を拡張させる作用があり、その作用によって陰茎の海綿体に血液が流れて貯留し勃起状態となります。
勃起状態というのは性的な刺激が無くなると次第に元に戻っていきますが、その理由については体内にはPDE5(ホスホジエステラーゼ5型)と呼ばれる酵素が存在している事が挙げられます。
PDE5は先ほど説明した勃起の原因となる血管を拡張させる物質であるcGMPを分解する役割がある酵素で、この酵素がcGMPを分解する事で次第に元の状態に戻っていくのです。
以上が勃起についての簡単なメカニズムの紹介となります。
その勃起の仕組みに、レビトラに含まれているバルデナフィルがどのように作用するのかというと、バルデナフィルはPDE5の働きを阻害する作用があり、cGMPが分解されるのを阻止してくれるのです。
つまり、性的な刺激を受ければ勃起しやすくなって、一度勃起した後は薬の効果が続く間は元の状態には戻りにくくなるという事になります。
誤解しないでほしいのは作用の仕方について説明した事を理解すれば分かる事なのですが、レビトラには性的な刺激を引き起こす効果は無く、服用しただけで自然と勃起するという事は無いので、勃起させる場合は何かしらの刺激が必要となります。